寿司のシャリ食べ残しに批判。対策するすし店も。ダイエットになるから?

C789_unitoikuramaguro_TP_V

ごきげんよう、おんとらです。

みんな大好きお寿司。

一方で生のお魚が苦手な人もいますよね。

「ネタだけ食べたい人」と「シャリしか食べない人」。

これで問題は解決する?

いやいやそんなふざけた事ではないよね。

冗談です。

好き嫌いではなくアレルギーで食べられない人に失礼ですこれは。

ところで最近話題になっていた「シャリの食べ残し」。

僕は酢飯も大好きなので、勿体ないな~と思うのですが・・・


スポンサードリンク




【シャリの食べ残し】

回転すし店などにおけるシャリの食べ残し問題。

どうやらSNS(Twitter?)への投稿画像から広まった事のようですね。

重ねられた皿の上にネタだの無い俵状のシャリが何個も乗った写真です。

寿司ネタのみ食します。

 

まあ、見た目に残念ではありました。

 

それぞれの事情や体調もありますから、残してしまう事くらいあります。

食べられると思ったものの、お腹いっぱいになっちゃった、くらいのことは誰しも。

 

何も残した、なんて写真をアップしなければ良いのに。。。

なんて話ではどうやらないようで。

 

このシャリの食べ残し。

実は案外良く見られる光景になりつつあったようなのですね。

 

すなわち、シャリを食べないお客さんが結構いると言う事です。

 

そこで「なぜ?」となるわけです。

なぜ残してしまうのでしょう?

 

 

【シャリ食べ残しに批判も】

先にも書きましたが、まず見た目が汚い。

残したものは大抵そうですが。

回転すしなんて、そもそも一皿の分量が多いものではありません。

せいぜい2貫。食べなきれないものでもなさそうです。

無理して新規の皿を取らなければ、残すこともないでしょう。

勿体無い。

職人さん(お店のスタッフ)失礼だ。

行儀が悪い。

わざわざ寿司屋に出向いてネタしか食べないなんて、理解できない。

批判の言葉も色々ですがどれも納得では、あります。そりゃそうですよね。

 

【シャリ食べ残し対策をする店も】

「すしの銚子丸」さんは対策をされているそうです。

一部の店舗に限られるものの、シャリの大きさ(量)の変更に応じているとのこと。

「シャリ小さめ」で普通サイズのおよそ半分。

ダイエットなどを気に掛ける女性客からの注文がとても多いのだとか。

更には「シャリなし」まで注文を受けるという事で、

もう何が何だか(笑)

 

ちなみに価格は一緒だそうですよ。

そういったお客さんが増えているとなれば、致し方ない対応かもしれません。

そうする事で無駄を排除するしかないでしょう。

やはり食べられるものを廃棄しなければならないのは抵抗がありますよね。

また、そういった心を大事にして欲しいとも思いますし、お寿司。

(フザケてゴメンなさい)

【シャリ食べなければダイエットになる?】

ところで、こんな理由も一端にあるようです。

ダイエットを意識してご飯を残す、そんな方が案外いらっしゃるようなのです。

昨今、糖質を抜くことでダイエットするのがどうやらブームらしい。

そこで御飯の量を減らしたい、あるいは完全に取らない、そのような理由が背景にあるもよう。

それなら回転すしに行かなきゃい・・・

いやいや。事情は人それぞれでしたね。

 

一皿で2貫として。

それを三皿も食べれば御飯茶碗一杯分ほどになるらしい。

しかも酢飯で味も付いている。

でも三皿なんてあっという間にペロパクですわな。

でもお寿司食べたい。

痩せたい。

食べたい。

あっ、シャリ残そ。

 

なるほど。

糖質制限によるダイエットの是非は、別といたしまして。

そういうお客さんが一定数、どころかかなりいるとなると、お店側での対応も致し方ない。

行儀だマナーだ訴えたところで無くなりはしなそうです。

どころかよくよく考えると、ですよ。

老若男女、体格も千差万別のお客さん達です。

寿司を食べるとは言わば、ネタ選びにつきますよね。

シャリの上に乗ってるアレで選ぶわけです。

乗ってるアレの下はどれも同じ、酢飯ですよ。そりゃそうだ。

色々なネタを食べたいけれど、シャリの量がどれも同じだから、何個も食べられない。

この理由は至極当然だと思えてしましたよ!

まして女性やお子様、年配の方なら尚更です。想像に難くありませんね。

それならやはり、シャリの大きさ(御飯の量)を選べるサービスは、今回の件への対策というよりも、良心的なサービスになるのでは?

これを機に、多くの店舗で採用して欲しくなりました。

男の僕でも、若かった頃程食べられなくなっています。

でも色んな寿司ネタを食べたいです、やはり。

シャリがちょっと小さめならそれも可能ですよ。

こう考えたなら、是非とも採用してもらいたいサービスです。

コストや手間などハードルもあるでしょうが。

頑張ってくださいお寿司屋さん。

お寿司大好き!

毎月先着300名様限定キャンペーン開催中!ダイエットサポート『フルベリ』

【まとめ】

多様性を認め、マジョリティ、マイノリティに関わらず快適に過ごせる世界の実現。

寿司シャリからの、この大仰な展開。

自分でついていけそうもないのでもとに戻します。

この記事を書き始めた時点では、なんでシャリ残すなよ、そう思っていました。

批判的な立場だったのです、実は。

ところがどっこい。

書いているうちにシャリの量に関しての考え方を改めちゃいました。

 

多様性全てに対応するのは非常に難しそうです。

でもね。

それを実現しちゃうのが日本の企業の素晴らしいところ、ですよね?(チラッ)

 

ただの食べ残しは極力やめましょう。

食べきれないと思ったらそこで食べるのお終い。それがマナー。

でもシャリのサイズが複数あるなら、皆んなハッピー。ハッピーお寿司。

寿司食べたくなってきたよ!

 

それではこの辺で、また。


スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメント