ミシュランのガイドブックとは?

みなさんごきげんよう、おんとらです。

今回は「ミシュランのガイドブック」について。

「ミシュラン」のガイドブックについては耳にされる方も多いかと思います。

「ミシュラン」とはフランスの老舗タイヤメーカー。創業者はミシュラン(兄弟)。

映画「ゴーストバスターズ」に登場した「マシュマロマン」の様な出で立ちのキャラクター、有名ですね。

そんなタイヤメーカーのミシュランが、レストランやホテルの紹介をするような本を出すようになったのでしょうか?

 


スポンサードリンク



【ミシュランはタイヤメーカー】

皆さんご存知。ミシュランはタイヤを作っている会社です。フランスの会社です。

世界で初めてゴム製のタイヤを市販した、超老舗タイヤメーカーです。

【ガイドブック】

ミシュランのガイドブックは通称「赤本」とも呼ばれ、広く世界で普及しています。

現在でこそ、各国のホテルやレストランの格付け指標として有名なガイドブック。

当初は地図やガソリンの入れ方、タイヤ交換のやり方。車で移動する際の宿泊施設などを紹介する情報誌として、

無料で配布されていたものだそうです。

1900年ころの話です。まだまだ車の普及台数も少なく、道路標識もなく整備もされていない道路も多かった時代。

車での移動にはそれなりの困難もあったでしょう。

そんなドライバー達の手助けにとミシュランが発行したのが始まり。

気が利いていますよね。長く愛される企業の本質かもしれません。

【星の数で評価】

元々は無償で配布されていたガイドブック。

後に有料になります。

1900年から発行され、1926年版から評判の良い料理を提供するレストランに、

星を付ける現在のシステムが導入されました。

ご存じ「三ツ星」による評価(格付け)です。

ミシュランの社員が、匿名でホテルやレストランを調査するのもこのころからだそうです。

ミステリーショッパーみたいな感じかな。

当初こそ不便なドライバーの為っだったのでしょうけれど。

時代とともにその三ツ星評価も、店側の利益に大きく影響するモノになっている気がします。

いや、それでいいのですけど。100年前とでは道路事情も車の性能も違うに決まってますよね。

そして近年ここ日本でもガイドブックが発売されるように。

三つ星の数で本家フランスを凌駕するなど、話題に事欠きませんでした。

星の大盤振る舞いではのなど批判ももちろんあった様です。とは言っても日本の外食産業が、これだけの評価を受けている事はとても嬉しい事です。

日本に居ながらにして、世界最高峰の料理を多種多様に堪能出来るのですから!

素晴らしい・・・

僕は・・・経済的な問題から、足も遠のくばかりですが。

 

いつかは言っで見たい三つ星レストラン。

 

【マシュマロ◯ン?】

描いた。描いて見たら全然違った。

マシュマロマン

img_5106

ミシュランマン
img_5107

最後にあの有名なキャラクター。

名前を知らないのでそう呼んでいました。

ですが当然ミシュランマンの方が大先輩ですね。

そう「ミシュランマン」がその名前出そうです。タイヤを重ねたあのキャラクター。

更に愛称として「ビバンダム」とも呼ばれるそうです。

ハリウッドのアクションスターみたいな愛称ですけど、気のせいです。

色が白いのは、当時はまだタイヤが白かった為だそうです。のちに炭素を混ぜる事でゴムタイヤの強化が可能になり、その為タイヤが黒になったそうです。

白いタイヤが当たり前だった頃の人にとっては、黒いタイヤは汚れているだけに見えていたかもしれませんね。

【まとめ】

僕が外食するとしても、近所のファミリーレストランか牛丼屋。

もちろんファミレス、牛丼屋最高ですよ。

あと居酒屋ね。

もうこれで十分。十分すぎておつり来る。

舌もたいして肥えていないし。

いや、だからこそなのです。

本当の一流に触れる事で、それがたとえ背伸びだとしてもです。

経験する事が大事なのですよね。

一流を身をもって体験し、知り得なければ、近くことすら出来ませんよ!

と、自身の感想を書き綴ったところで、今回はこの辺でお開き。

 

それだは、またっ。

 


スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメント