ナイナイ岡村さん。自身のお泊り旅行の話で共演者に引かれる。

ごきげんよう、おんとらです。

こんな記事を読みましたよ。

ナイナイ岡村さん お泊りデートも部屋は別々

(リンク先の記事は既に削除されてしまった様です。)

番組内での岡村さんが披露した、自身のエピソード。

意中の女性と旅行に行くものの、部屋は別々だったそうで。

それを聞いた共演者達が「それはおかしい。」と。

まだ付き合っているわけでは無いのだからそれも仕方ないだろう、と岡村さん。

また、そう言って誘えば相手の警戒心も和らぐのでは、そんな感じの事も言っていたみたい。

概要はこんな感じ。

さて。

この記事を読んで思った事などを書いてみます。


スポンサードリンク



【大人の男女が泊まりで旅行】

泊まったけれども部屋は別。

それを聞いた共演者達の反応もむべなるかな。

下衆な言い方をするならば「いい歳した男と女が2人きりで、旅行まして泊まりで行くってのに部屋は別って何考えてんの?」。

いや、別に下衆でもないですね。

岡村さんにしてみたなら、精一杯の「誠意」だったのでしょうか?

憶測ではありますが、ちょっと整理。

そんなことする意味あるのかどうかは、この際無視。

【状況の整理】

・中年の独身男性が意中の女性を旅行に誘う。

・旅行は一泊二日の予定である。

・部屋は同室ではない。

あくまで状況重視。この主人公が著名な芸能人かどうかは、横に置いておく。

【憶測→男性の視点】

気になる女性と親密になりたい。

今よりもっとお近づきになりたい。

思い切って旅行に誘おう。

でも断られたら(傷つくから)嫌だな。

出来れば泊まりで行きたいぞ。

これは更に断られる確率跳ね上がるな。

部屋は別々と言えば、あるいはイケるかな?

【憶測→誘われた側は】

旅行に誘われて応じたのだから満更でもないのだろうと。

部屋を別にするなら行きますとは女性がそんな雰囲気だったのかどうか。

結局、本当に一晩を別々の部屋で過ごしたのだとしたら。

案外傷つくのは女性だったりして。

 

 【まとめ】

いや、まとまりませんが。

今回の岡村さんのエピソード話を読んで、さすがに奇妙に感じたもので、

記事を書くことに。。。。したわけですけど。

 

自分が傷つくのを避けているような気がします。

過去にとんでもなく傷ついた思い出でもあるのでしょうか。

結婚願望は強いようですが、年を重ねるにつけ、その条件も狭く厳しいものになっているのかな。

昔から言われてる通り、ですよね。

昨今は何につけても差別だと言われそうで怖いですが。

やはり男女の話。そのスタイルは各自それぞれとは言っても、

普遍的というか。

大勢とそうたいして変わらないよと言ったところも多いでしょう。

周りは変わらないから自分が変わらないといけないとか。

恋愛で言うなら数打ちゃ当たるとか。

皆がそう言うならきっとそんなもんなのでしょう。

難しく考えすぎてややこしくしているのは誰でもない自分かもしれません。

 

ああ、わかった。

この話に妙に引っかかったのは、

自分の事の様だとおもったからでしたよ、これは。

勉強になりました。

 

では、また。

 


スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメント