カールスモーキー石井こと石井竜也は老舗和菓子屋の息子だった!でも継がないで歌手になった。

ごきげんよう、おんとらです。

 

やたらと二枚目(イケメン)で。

芸術的な才能が溢れちゃって。

そのくせ何考えてるのかわからないシュールな会話術で。

気取らないないのは良いけど、
どこかすっとボケてる。

本音は別にありそうな。

それでいて知性みたいなものもにじませちゃってる。

あ~、この人もてるんだろうなぁ~。

 

若いころのカールスモーキー石井さんを見た時の印象です。

はい。

 

 


スポンサードリンク



【カールスモーキー石井・石井竜也プロフィル】

石井 竜也(いしい たつや) 本名同じ

1959年9月22日(58)

茨城県北茨城市出身

175cm O型

文化学院美術家

ミュージシャン・芸術家・プロデューサーなど

「米米クラブ」では「カールスモーキー石井」

【石井竜也の実家は由緒ある和菓子屋さん】

茨城県は北茨城市大津町。

1世紀近くに渡って営業を続ける和菓店、
「石井屋」(地元では石井製菓の呼び名が多いそう)の長男として生を受ける。

絵を描くことが好きだった父親(←和菓子職人)の勧めで、3際頃より油絵を習うように。

ただのお稽古事にとどまらず、本人の才能も開花。

和菓子屋を継ぐこともなく、画家になる為に東京へ。

一方の和菓子屋「石井製菓」は父の代で店をたたむことに。

そりゃそうです、跡取り東京行っちゃいましたから。

和菓子屋ののれんを下した後は「アートサロンギャラリー石井屋」として店舗を再利用。

息子の作品を展示、営業をしていたそう。

しかしながらそのお店(実家)も、
東北大震災によって全壊してしまいました。

この時、先代の父上はすでに他界。

母上が健在だったもののしばらく連絡が取れず、安否が心配されたそうですが。

避難所に逃げて居たため難を逃れています。

現在は妹さんのところに身を寄せているそうです。

 

和菓子屋さんの息子さんだったのですね。

石井さんの繊細な感じは、
あるいは職人の血筋からきているのでしょうか。

なんて当たり前すぎて、そんなことはないでしょう。

ただ、ただ絵の才能だけは間違いなかったようです。

 

 

 

【家業を継がなかった石井竜也は歌手になった】

和菓子屋を継がず、画家を志して上京した石井竜也氏は、
カールスモーキー石井になったのです。

 

画家になるため東京学芸大学を目指すも残念ながら、、、、
そこで文化学院へ進学。

絵の才能は相変わらずだったようですが、当時の仲間たちとバンドを結成。

音楽活動に傾倒していったようです。

伝説のバンド米米クラブですね。

(米は*のつもりらしい。石井氏本人が当時の音楽番組で言っていたような。
でもちょっと嘘くさいw でも嘘くさかったけど事実でした、も彼ららしいかも。)

 

とにかくメンバーが多いバンドです。

ヴォーカルを務めるカールスモーキー石井の抜群歌唱力と、
賑やかすぎるパフォーマンスで、人気を得ていきます。

曲もキャッチーでノリのよいものばかり。

 

曲作りのイニシアチブはもちろん。
ライブの演出やらジャケットデザイン。
メンバーの顔に施すメイク(ペイント?)なども石井氏がほぼ手掛けていました。

天才ですか、この人。

とにかくエンターテインメント分野では、その才覚をいかんなく発揮してきた石井氏。

映画監督にもトライしたものの、興行的にはちょっと残念だったみたいですが。

それでも、あれです。

河童のデザインは斬新でいかにもカールスモーキーでしたよね!

僕はあのカッパ、大好きなんですけど。

 

 

 

 

【まとめ】

同級生で米米クラブの大ファンがいました。

男ですけど。

当時はまだまだ知名度もそれほど高くなかった米米クラブです。

そのバンド名を聞いたときも、「変な名前だな」なんて言ってましたから。

ファンだった彼。僕にそう言われて、ちょっと気分を害してました。

 

まさかその後あの「浪漫飛行」で大ブレイクするとは。

 

しかも浪漫飛行。ちょっと前の曲じゃん、てね。

CMの力凄いです。

 

そしてマイナーだった頃から米米クラブを激推ししていた同級生君。

君の発掘スキルもすごかったw

今更だけどゴメンな!!

 

 

それではこの辺で、また。


スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメント