「金ピカ先生」こと佐藤忠志氏。現在も予備校講師?

お疲れ様です、おんとらです。

予備校講師の「林 修」先生。
テレビや雑誌を含め、
見ない日は無いのではないかと感じるほどの大人気であります。

肩書きも予備校講師ではなくタレントになっています。
タレント=才能ですから、これだけ活躍しているとむべなるかな。

ところで予備校講師にはいわゆる「キャラクターの濃〜い」方達も多く見受けられます。

僕もかつて浪人を経験し予備校に通っていました。皆さんご存知のあのハイスクールであります。

既に当時も予備校講師の仕事以外で活躍される講師の方達が沢山いました。今でも現役でらっしゃる先生もいますが。

その中でもひときわ突出していたのが「金ピカ先生」こと「佐藤忠志」氏。

現在はどうされているのでしょう?




スポンサーリンク



 

ヤ〇ザの様なその出で立ち

角刈りに顎まで伸ばしたフサフサのモミ上げ。そして「金ピカ先生」の由来にもなる派手なアクセサリー。とにかく金ピカのジャラジャラ。およそ教育者とは思えない格好。しかしながらその話口調はあくまで丁寧。そんなキャラクターで一躍時の人となりました。
当時のバラエティー番組でよく見かけたものです。

とはいえ奇抜なファッションだけで注目されていたわけでもない?


スポンサーリンク



 

英語講師としての評判

英単語を音楽に乗せて覚える手法として、ご自身で歌い、CDを出したり。

英語の講師としての評判は・・・それほどでも無かったようです。

テレビに多く出演されていた事もあって、授業の人気ぶりはさすがの一言。受講希望も絶えなかった様です。

ですが、「物珍しさやテレビで見た人」見たさの側面も強かったかもしれません。

授業を終えて教室を去る際、お付きのスーツ男が2人、金ピカ先生の両脇をガードしながら、そそくさとエレベーターに乗り込んで居たのを覚えて居ます。

まあ、忙しいのだろうなぁなんて思ったものです。

やはり予備校の講師である以上、なによりも授業内容と、受験をターゲットにしたハウツーを持たれた人でなければ、その評価は上がらないでしょう。

金ピカ先生に関しては、集客面での貢献度は相当だったように感じます。

予備校に通う学生予備軍達には、時間がありませんから。物珍しさも最初だけですよね。

ブームも去ってはや四半世紀。そんな時代も今は昔。

金ピカ先生こと佐藤忠志氏の現在は?

 

金ピカ先生の現在

教育評論家やタレントとして活動されているようです。

芸能事務所トップカラーに所属。

ものまねタレントのコージー冨田氏などが在籍する事務所です。

ツイッターアカウントもお持ちのようで。

容姿もさほどお変わりなく、お元気そうでなにより。

最近、テレビではクイズ番組が多くなってきています。元予備校講師であり現在は教育評論家としての肩書きをお持ちなので、クイズを扱うような教養番組こそ、活躍の場かもしれませんね。

近い将来、また金ピカ先生をテレビで見かける事が増えるかもしれませんよ?

それでは、また。

おんとらでした。


スポンサーリンク



コメント