松本明子。元祖バラドルは字が綺麗で歌も上手かった。

ごきげんよう、おんとらです。

バラドルの元祖と言えばこの人、松本明子さんでしょう。

彼女以外なら「山瀬まみ」「井森美幸」「森口博子」か。

それでもやはり、その先駆者は松本明子さんなのです、きっと。

 

 


スポンサードリンク



【松本明子】

本名 平井明子

1966年4月8日

香川県高松市出身

既婚

チュンソフト社長の中村光一氏とはいとこだそうです。

【松本明子の「四文字言葉」事件】

元祖バラドルとして活躍されていた松本明子さんですが。

そもそもアイドルとしてデビューしテレビでもよく見かけるようになった矢先、テレビに出られなくなるという時期がありました。

放送中に好ましくない四文字の言葉を発した為、以降テレビでの仕事が激減してしまった為です。

 

ただこれに関しては、

「片岡鶴太郎」さんと「笑福亭鶴光」さんにそそのかされ、

愚直にカメラまえでその言葉を発した結果だと言う事です。

 

ちょっと気の毒なエピソードですが、その後の活躍ぶりをみれば、

大復活を果たしたことになりますね。

いかにも昭和時代のテレビ業界のお話と言う感じです。

 

【松本明子は字が綺麗】

当時のアイドルの中でも歌は上手だった松本明子さん。

実は字も上手かった。

ボールペンで書く字は、硬筆のお手本の様な楷書体でとてもお上手でした。

ペン先からボールペンの三分の一ほどのところを持って書いていたのが印象的です。

随分と長めにペンを握るのだなと思いました。

習字でもされていて、筆を扱うような感じなのでしょうかね。

とにかく美文字の持ち主、松本明子さんでした。

【松本明子は32歳まで父親と風呂に・・・】

これは見出しのままですが。

自らこの話をしていますね、松本明子さん。

結婚される前の事だそうですが。

これはどうなんでしょうかね(苦笑)。

親子が父親と娘の場合。

娘が幾つまでなら一緒に風呂に入れるのか、そんな悩みならよくありそうですが。

その類とはちょっと質も違いそうな。

個々の家庭の事情なので、

普通やら一般的にはだとかは言っても詮無い事でしょうが。

とにかくこの話を聞いた時には驚きました。

普通ありえないでしょっっ!!

 

あ、言っちゃった。

 

【まとめ】

「電波少年」や「大好き」などの人気番組でバラドルとして大活躍だった松本明子さん。

結婚されお子さんが生まれてからはテレビで見かけることも少なくなりなしたが。

現在。

アイドル達がバラエティに出るのも当たり前になり、色々な企画などに挑戦している姿を見るのも、元を辿れば「松本明子」になるのではないでしょうか。

最近では昭和のテレビで活躍されていたタレントさん達が、再びテレビを賑わせるところもあります。

ヒロミさんもそうですね。

ヒロミさんくらいか?

まあいいや。

かつての様なテレビ番組が、現代に再現される事はないでしょうけど。

松本明子さんもそろそろ。

往年のキャラクターぶりでテレビでよく見かける様になるかもしれませんよ?

 

それでは、また。

 


スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメント