須藤理彩は夫と死別の話と足が速かった話。

ごきげんよう、おんとらです。

運動の得意な女性が好きなおんとらです、こんにちは。

 

今回とりあげるのは須藤理彩さん。

 

お綺麗な方です。

個人的にはちょっと鼻に掛かった声も好きです。

 

でも実は、
彼女が綺麗なフォームで疾走する姿をテレビで見て以来のファンなのでした(笑)。

 

むちゃくちゃカッコよかったから・・・・

 


スポンサードリンク




【須藤理沙プロフィル】

須藤理彩 すどう りさ (本名 川島理彩)

1976年7月24日 神奈川県横浜市

165cm O型

女優 2児の母

【須藤理沙の夫】

須藤理彩さんは二児の母であるのですが、シングルマザーでもあります。

なぜなのか。

残念な事に、ご主人と死別されていたのです。

 

2006年に結婚された須藤理彩さん。

お相手はロックユニット、
「BOOM BOOM SATELLITES(ブンブンサテライト)」の川島道行(VO.Gu)さん。

川島さんの半生は脳腫瘍との闘いでもありました。

1997年に病が発覚。
2016年に旅立つまで、5度の発症と手術。

 

これほど残酷な仕打ちがあるのでしょうか。

 

共通の知人を通して知り合い、交際、結婚に至った須藤理彩さんと川島さん。

 

須藤さんは結婚される前からご主人の病気の事を理解していたと言う事です。

お子さんも二人いらっしゃいます。

 

凄い事だと思います。

 

大人ですから。たくさんの想像、予想が出来たことでしょう。

それでもお互いを終生のパートナーに選んだわけです。

 

なかなか出来る事ではありません。

 

お互いにこの人しかいないと、そう感じたのでしょう。

一緒に過ごした時間は短かったかもしれませんけど、
濃密な人生だったと想像します。

 

でもこれすら無責任に感じるほどですけど。

 

川島さんの忘れ形見となった二人のお子さんと、
自ら背負った責任を果たした須藤理彩さん。

 

今後の充実した、そして幸せな瞬間が数多く訪れる事を願ってやみません。

 

【須藤理沙と陸上、短距離】

須藤理沙さんは足が速いのをご存知ですか?

元陸上部だった須藤理彩さん。

短距離走の選手。

200Mで25秒2の記録を持ち、当時神奈川県で1位に輝いています。
(高校時代)

インターハイ(高校総体)に出場経験もあり、
準決勝まで勝ち進んでいます。

全国ではベスト16の記録を持っています。

 

完全に本物です!

可愛らしいルックスに美しいフォームで疾走していた須藤理彩さん。

ですが練習中の怪我が元で陸上競技から身を引くことになったようです。

残念な話なのですが。

その後、須藤理彩さんのお姉さんの策略により、芸能界へ身を投じる事になりめす。

「須藤理彩の姉の策略とは」

2歳年上の実姉は大の福山雅治ファン。妹を芸能界に送り込めばあるいは福山雅治に会えるかもしれない!アミューズとやらの「100時間オーディション」に妹をエントリーしてしまおう!

 

お姉さんから見ても理彩さんは可愛かったのでしょうね。可能性を感じていたのでは。

妹ならイケる(確信)!

福山雅治ファンの事実はともかく(笑)、そうでなければそんなことしないでしょうから。

【まとめ】

ご主人がなくなったことも、ニュースのひとつくらいに聞いていましたが。

今回改めて調べてみて、色々と考えさせられることとなりました。

 

当人たちにしかわからない事の方が圧倒的でしょうけれど。

 

その表面的な話でさえ衝撃を受けるほどでした。

他人事で済ませず、自身の人生を鑑みて教訓にしたいものです。

 

須藤理彩さんには、今後こそ活躍してほしい。

そう思った次第です。

 

それではこの辺で、また。


スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメント