寺尾聰は歌手ですよ。俳優だけど。しかもベーシスト。

ごきげんよう、おんとらです。

その演技もますます円熟味を増す寺尾聡さん。

無精髭もお似合いの役者さんです。

その寺尾さん。

俳優としてはもちろんですが、

ミュージシャンとしての顔もあるのですよ。

 


スポンサードリンク




【寺尾聰(てらおあきら)】

1947年5月18日

神奈川県横浜市生まれ

176cm A型

ベーシスト、シンガーソングライター、俳優

【寺尾聰と言えばルビーの指輪】

ベーシストだったのですね。

むしろギターが専門だと思っていました。

まあ、どちらも弾けるのでしょうけども。

更にはシンガーソングライターですから、自ら曲を作って歌ってなのです。

元々かミュージシャンだった人が、お芝居もやるようになったわけですね。

最近ではあまり知られていないかもしれませんがどうでしょうか。

現在でもライブツアーをこなすなど、精力的に音楽活動されているようです。

その寺尾さん。昭和時代にとんでもないヒット曲を世に放っています。

「ルビーの指環」です。

音楽番組が全盛期だった頃。

何週にもわたって1位を獲得し続け、モンスターヒットとなりました。

カラオケにでも行けば、中年のジェントル紳士達が懐かしそうに歌っているシーンに、出くわした事がある人もいるのではないでしょうか。

【寺尾聰の実父は宇野重吉】

宇野重吉(うの じゅうきち)は日本の俳優さん。 1914-1988

本名 寺尾信夫

俳優から演出、映画監督までこなした名優。

現在の寺尾聡さん、存命の頃の宇野重吉さんによく似てらっしゃいます。

笑った時の頬骨の膨らみ具合や目元など、親子以外の何者でもない感じです。

当たり前ですけど。

役者としても欠かせない存在なところまで似てますよね。(褒めてます)

 

【寺尾聰は胃を摘出していた】

寺尾聰さん。若い頃(30代)に大病をされています。

「穿孔性胃潰瘍(せんこうせいいかいよう)」

聞き慣れない病気ですが、重度の胃潰瘍だったのでしょう。

この為に胃のほとんど(三分のニ)を摘出する手術を受けています。

それ以前は多少ふっくらとしていたそうですが、手術以降は現在のように細身になられています。

何より完治して良かったですよね。

しかも30歳くらいの時に発症されたようで。

若いからと油断は出来ません。

この様な著名な人の病気の話も他人事にせず、教訓にしたいものです。

皆さんも健康に留意しましょうね。

(余計なお世話)

【まとめ】

アイスのCMではおどけた感じのお芝居もこなされる寺尾さん。

ちょっと前では東野圭吾原作の映画で、

難しい役どころもこなされています。

飄々とした風貌ながら、その存在感は流石です。

70歳の声を聞きながらも、まだまだ現役。

ライブツアーをこなすほどです。

これから更に当たり役に恵まれるかもしれませんよね。

それではこの辺で。また。

 

 


スポンサードリンク




スポンサードリンク



コメント