フィギュアスケートのシーズンは?大会やランキングなど。

ごきげんよう、おんとらです。

今年もフィギュアスケートのシーズンになりました。

テレビでも中継され始めています。

冬季オリンピック種目でもあり、

テレビで見る機会は比較的多いものの、身近に感じにくいスポーツの一つではないでしょうか。

周囲にフィギュアスケートをしている知人友人がいるという人は、

そう多くないと推察します。

スケートリンクが必要なことも含め、体験する事も難しい。

そんな敷居の高いイメージのあるフィギュアスケートについて調べてみます。

<center>
スポンサードリンク
<br>
<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– おんとら –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”
data-ad-client=”ca-pub-6704222601523895″
data-ad-slot=”5433204766″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>
</center>

 

【フィギュアスケート】

フィギュアスケートがどういったモノ(競技)であるかは、すでにご存じとは思います。

ならばその名称(フィギュアスケート・英 figure skating)の由来はどうでしょうか?

なんてね。これについても知っている方も多そうです。

氷上(リンク)をすべる際に、氷に図形(フィギュア)が描かれる様であることからそう呼ばれる様になったそうで。

立体造形物のフィギュアとは違いますよ。

「氷の上についた滑り跡が図形(フィギュア)の様だね。うん、正にフィギュアスケートだね。」

なんて会話があったかどうかは謎らしい・・・

滑った軌跡よりも、実際に踊る様に滑る姿のほうが印象に残らないかな~などとおもちゃっいました。

だから「舞滑り」とかね。日本語ですけど。

英語圏で生活する人達の着眼点と、日本人おんとらの感覚の違いでした。

違うのは僕だけだったりしてね。へへへ。

 

 

【主な大会】
複数の国の選手が出場する「国際大会」と国内の選手のみで競われる「国内大会」とがある。

シーズンは冬季になるため、

秋ころ(9月下旬から10月)から始まり翌年の春ころ(4月頃)までとなる。

表記は「2015~2016」となります。欧州サッカーと同じですね。

国際スケート連盟(ISU)が主催する国際大会。

ISUが承認する国際大会や、各国内大会やエキシビジョンまで、

その大会の数と種類は多岐にわたります。

その中でもISUの主催か、承認された大会の結果が世界ランキングに反映されるようです。

この辺りはスケート観覧初心者にとっては、ちとわかりにくいですね。

テレビ放送などでみられる競技会の位置づけを理解できるようになると、

見方も当然、変わってくるのかなと思います。

【世界ランキング】
競技会で取得したポイントによる「世界ランキング」があります。

スケートの場合は「ワールドスタンディング」とも言われるようです。

公式の世界ランキング表へのリンクを貼っておきます。

男子世界ランキング(ISU公式)

女子世界ランキング(ISU公式)

 

男子では「羽生結弦選手」が1位に君臨しています。

女子では「宮原知子選手」がやはり1位に。

フィギュアスケートにおいては日本人選手たちの強さが目立ちますね。

素晴らしい事です!

現役の選手たちを今後もより一層応援しつつ、

この競技において強い日本を今後も維持してほしいと切にねがうおんとらなのです。

スケート人気がもっと上がると良いのですが。

更には気軽にスケートを楽しめる環境ですよね。

どのスポーツも共通して、そこが課題なのでしょう。

 

 

【まとめ】
どうでしょうか。皆さん興味を持たれましたか?

優雅に氷上を滑るスケーター達のその体躯は、

細くしなやかに見受けられます。

しかしながら彼彼女達は、

鉄で出来たブレードを付けて跳んだり回ったりしているのですよね。

しかも女性スケーターに至っては、

片脚を天高く突き上げて滑っていますよ!

トンデモナイ脚力だとは思いませんか?

ガチガチに凍った氷の上に投げ出されようと、

次の瞬間には立ち上がって続く演目を演じきる精神力。

真のアスリートであることは間違いない!

そんなスケーター達の滑りを堪能するのも良いですよね!

あたたかいへやでね。

それでは、また。

<center>
スポンサードリンク
<br>
<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– おんとら –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”
data-ad-client=”ca-pub-6704222601523895″
data-ad-slot=”5433204766″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>
</center>

<center>
スポンサードリンク
<br>
<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– おんとら –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:inline-block;width:300px;height:250px”
data-ad-client=”ca-pub-6704222601523895″
data-ad-slot=”5433204766″></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>
</center>

コメント